読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで稼ぐネタ!集客やアフィリエイトの技術とテクニック

初心者でもブログを書くだけで月に100万円!?集客アイデアと思考法があれば、それは現実となるのです!ブロガーとして生計を立てたいなら、アフィリエイトが最適なんですよ

アフィリエイトの作業時間をどうやって社会人は作り出すのか?時間確保の方法

なるほど、今回の質問はアフィリエイトの時間確保の問題ですね。作業時間を捻出するのが忙しいサラリーマンには辛いとの事。

 

・・・残念ながらその通りです(>_<)

 

私もメチャ厳しい言葉をみんなに投げつけるのは、自分自身が寝ないで作業した日々を思い出しているし、今でもコンサル+作業+仕事をして一日をフル活用しているから。

 

ただ、成功のためには時間の使い方のコツがあると思うので、何かの参考になればということで書き残しましょう。

 

f:id:nihongo1000:20151111183722j:plain

社会人がアフィリエイトの作業時間を捻出する方法

 

① 作業環境確保

② 作業効率ツールを使う

③ 作業を分ける

 

この3つです。

 

環境確保は相当重要で、慣れていない方は集中しないとそうそう文章は書けるものではありません。

 

子育てしながら、狭い家の中でやっている方もいると思いますが、ちょっと家族に話しかけられたら、そこで集中力はゼロになります。

 

だから、一日2時間は外に出て記事を書くと良いと思います。私のコンサルさんは奥さんに隠れてファミレスとかファーストフードに行って作業をして突き抜けた方がいます。

 

結局奥さんにバレていて「今日もお外におでかけですか?」と言われたそうです(笑)

 

・・・浮気じゃないんだ(>_<)アフィリエイトなんだ(>_<)って言っても周りはまず理解できないと思います。

 

外に逃げて集中できる作業環境を確保しましょう。

 

ツールに投資して作業効率と時間を確保せよ

パソコンが固まったり、通信速度がゆっくりだと途端にやる気が落ちませんか?正直初心者ほどスペックの良いパソコンを買った方が良いと思います。

 

とは言え初期投資は抑えたいと思うので価格コムや楽天などで「レノボ」を買うと良いですよ?安いし早いし、外に持ち運べます。

 

更に、資金があるのなら初めからキーワードツール、リライトツール、テンプレート作成ツール辺りに投資しておくと作業時間が1/10になる事でしょう。

 

徒歩と、自動車位の差があります。手書きとワープロ打ちの差がハンパナイですよね?

アフィリエイトもネットビジネスなので、ツールはある程度投資した方が良い。

 

本気で月に100万超えたいならです。

 

xn--cckcdp0exfb2h9c9fti.com

 

作業を分けて時間を作り出せ!

やる気がない日、あるでしょう。疲れてしまって寝たい日もあると思います。そのような中でできる作業を考えておくべきです。

 

つまり、何も考えずにできる作業です。

 

例えば動画や写真画像を集める。ライバルサイトをブックマークする。キーワードのメモを残しておく。

 

これらはあまり思考力使わないので、20分もあればできるようになります。また記事に関しても、スマホに200文字位を書き溜めておく。タイトルだけを10個考えてみる。

 

つぶやきを10個だけ作ってみる。そのような小さな積み重ねが、あなたの資産になって全部積み重なっていきます。

 

きちんと整理整頓しておくと、後で探す時間が省略できます。同じことなのに時間をかけるのはもったいないです。整理整頓は社会人の基本ですよね?

 

f:id:nihongo1000:20151111183843j:plain

最大の壁はモチベーション!人と会って話せ!

これは私が1000人以上教えてきたから確信できるのですが、アフィリエイトで稼げない人はコミュニケーションが苦手です。

 

人との話が出来ないからアフィリエイトと思うかもしれませんが、それでは稼ぐことはできません。

 

ただ、会社と違って嫌いな人と話す必要はないので、好きな人と直接会って沢山話すようにしてください。これで経験値もつまれるし、モチベーションが復活します。

 

これを私は体感エネルギーと呼んでいますが、この値が低い人はアフィリエイトで成功がしにくいのです。

 

というわけで、質問に対する答えを3つ書きました。

 

ちなみにここまで1500文字。かかった時間は15~18分ぐらいです。プロの作家さんやコラムニストだともっと早いと思います。

 

ブランドタッチの技術も忘れずに!というわけで、がんばって下さい。今日は何か真面目そうな方だったので優しく書いてしまいました(笑)