ブログで稼ぐネタ!集客やアフィリエイトの技術とテクニック

初心者でもブログを書くだけで月に100万円!?集客アイデアと思考法があれば、それは現実となるのです!ブロガーとして生計を立てたいなら、アフィリエイトが最適なんですよ

自分のブログを上位表示させるための工夫とコツ2015年バージョン

アメブロさえ開設できれば、売れるブログはできると思うのであるが、甘い言葉にのってだまされないように、2015年以降も続くと思われる上位表示のコツを書く。

 

どんなにいいものでも人に見てもらえないのであれば価値はない。本当に美味しいレストランでも知ってもらわなければ潰れてしまうのと同じ。

 

f:id:nihongo1000:20120802000038j:plain



1ブログタイトルについて

 

ホームぺージのタイトルは相手に検索してほしいキーワードを入れる


ネット媒体と紙媒体の違いはなにか?とよく言われるが、とにかく欲しい情報までの到達度のスピードが大きい。相手の必要な情報にいかに早く効率的に到達させれれるか?それが勝負となる。

論文などを読んでいると、逆にこれがあだとなりネットばかりやっていてキーワード以外の情報を目にすることがない状態が続くと、人間の思考能力が落ちる・・・。というのもあながち的外れだとは言い切れないけど、ネットにはネットの良さがあるのだろう。

例えばこのブログでは「ブログのネタ」などで困っている人を呼び寄せるためにこのようなタイトルになっている。

ちなみに絶対やってはいけないのが「ブログ ネタ」というタイトルのブログ。幾ら検索エンジンにこれらの言葉を打ち込むからと言ってもダメ!タイトルは文章にしておこう

 

f:id:nihongo1000:20100716101049j:plain



2個別記事について

 

記事のにはタイトルと関連性のある類義語を含ませる

テーマの一貫性というのがブログを作る上ではかなり重要になってくる。このブログでは日本語教師の副業に絞っているので、幾らネタが切れたからと言っても関係のないことは書いてはいけない

ブログのタイトルが「ブログで稼ぐ方法」になっている以上、その縛りから外れると途端にグーグルは順位を落としてくる。



この類義語の考え方は非常に重要で、それだけ知っているだけもどんどんお金が落ちてくるサイトができる。ちなみに、ブログのタイトルに関連した類義語の探し方は?

ということになるだろうが、一般レベルで知っておくならば、グーグルアドワーズ,グーグルトレンド,フェレット,gooランキング,yahoo知恵袋などにズバり、自分の作ったブログのタイトルを打ち込んで、そこに出てくる関連キーワードをタイトルにするのが良い。

ただし、結構このレベルはみんな知っていること。

それよりも「誰も知らない」「業界人しかしらない」「とっても強い欲求がある」キーワードの探し方もある。

 

f:id:nihongo1000:20130428134816j:plain


3文章と記事内容について

 


A:1つの文章の文字数を600以上にすること

つぶやきみたいなブログにしてしまうと、記事内容が薄すぎてグーグルの評価が下がってしまう。具体的な文字数は原稿用紙の半分程度つまり600文字ぐらいでいいと思う。

 

それ以上でもテーマが一貫した記事をかけるのであれば問題ないが、途中でテーマがずれてしまうとこれまた評価が下がる。

600文字の根拠は?というとまずは外注さん(ブログを代わりに書いてくれる人)が600文字で請け負う場合が多く(昔は300だった)、それがビジネスとして成立すること、フェレットなどの分析で600文字~1500字が目安となっていること、後は自分の検証である。

 

できれれば2000文字を書くと一気にサイトが上位に表示される

B:キーワードを入れすぎない。

いくら日本語教師の副業で上位表示したいからと言っても、一つの記事にたくさん「日本語教師 副業 」というキーワードを詰め込んだらダメということ。これをやるとパンダアップデートと言って、内容がゴミ!という判断をされてこれまた順位が落ちるのだ。

 

f:id:nihongo1000:20070131160846j:plain

4良質なリンクをもらう

 


ブログでもHPでも上位表示の最大のカギはリンクと言われている。まあ行ってみれば総選挙のようなもので、みんなが良いと思ったサイトに投票が集まる=リンクが張られるという「人間の良心を信じる」というグーグルの理念を反映している。

しかしながら、当然政治はそんなに甘くなくネットの世界も「圧力団体」「宗教団体」「族議員と支持団体」みたいなシステムがあって、そこからの組織票が強い。日本の投票率が低いのと同じで、有名人にでもならない限り理念がすごくても、内容が良くても普通リンクなどはもらえない

これはグーグルの抱えるジレンマで書こう!

ちなみにすぐにでもできる良質な被リンクの代表例がブログのランキングサイト。自分でできる対策を順番に書いて置くのでお楽しみに!!

 

f:id:nihongo1000:20121216223703j:plain



5:ブログを定期的に更新すること

 

とにかくブログの場合は定期的な更新がどうしても必須。メチャクチャ良質なリンクを貼られて一位表示されていても、更新しないとカスのサイトに抜かれてしまう。

情報は新しいものほど良いという考えがあるようなのでそうなる。

ただ、古いからこそ価値があるサイトなんていうのはどうなっていくのか?

歴史に敬意を払わないのか?

不変の価値情報だってあるでしょ?

そんなのだから焼き直しの記事しか表示されないんだよ!!

という風に個人的には思っている。

まあ、不満はおいて置いて、一週間に一回以上更新しよう。無料ブログの場合は放置すると記事の上に「このブログは一か月間更新されていません」という表示がでる場合が多く、グーグルがあなたの作ったタイトルの後にその文字を読み取るため、どんなにその後のコンテンツ(記事内容)が良くても、他のカスサイトと同じもの(重複コンテンツ)としてみなされる。そして順位が下がる

確かに、ブログを貸す側(ここで言えばアメーバ)も更新されてないなサイトをいつまでも抱えている余裕はないということだろう。

f:id:nihongo1000:20140314181456j:plain


 写真や動画を貼ること、色も変えよう!

 


ネットの世界とは文字情報を介して表現者と読者の対話であることが多いのであるが、同じ記事でも写真を一枚張った方が分かりやすいことも多く、動画で見せた方が伝わりやすい。これは実際に検証済みなので、これからも続くと思われる。

ただ、イラストだらけの教科書をみて学力下がるのは当たり前だろ?と思うのは私だけだろうか?文字の色分けについてはまだ都市伝説なので、確実とは言えない。色分けの方法は?基準は?ルールはある?という質問が来そうなので先に書くと。

一つの記事には3色程度。ポジティブは赤,ネガティブは青,それ以外は黒のように自分でルールを決めてしまうのが良い。学校の黒板も白・黄色・赤がメインで後は青と緑,茶色位なはず!脳が処理しやすい程度でまとめること。ブログの色分けは板書の練習になります!!


※以下は都市伝説として言われていることで仮説検証及び情報収集していることである。実際に成功して死人がむくむくと起き上がるようなことにもなっているのであるが、確証は持てないので、法則として紹介するわけにはいかない。

 

f:id:nihongo1000:20120128185451j:plain



Q:ブログによって上位表示の力が違う?

→ アメブロ,FC2,シーサ,ライブドア,ヤプログなどで上位表示の期間を検証。他にも地方ブログなんていうのも検証しようと思っている。

Q:コピペサイトでも、リンクが多い方が勝つ?

→ 自分の作っているHPの記事が盗まれまくった時期があるので考えた。2CHなんかに多いけど、適当に下層ページを抜き取ってリンクをつけたら、そちらが上位表示されるのか?

Q:盗用、コピペサイトでもオールドドメインに載せれば勝つ?

→ 同じく、人のものを盗用してオールドドメインにUPするとどうなるのか?言ってみればほとんど味の変わらない「ハンバーグレストラン」を地方の過疎地から銀座のど真ん中に持っていったらどうなるの?という検証だ。

Q:カスサイトを引っ越ししてを日本語ドメインに代えたらどうなる?

→これもかつて作ったカスサイトを移動させて経緯をみている。日本語のドメインが強いのであれば順位が上がるはず。サーバを変えた場合とそうでない場合も含めて検証

Q:カスサイトを引っ越ししてオールドドメインにあげたらどうなる?

→盗用サイトとカスサイトの定義は自分で作ったかどうか(もちろん他人の盗用はしてません!)記事が薄いページでもオールドドメインにUPするだけで順位あがっちゃうの?という仮説と検証

Q:被リンクに失敗したペナルティーサイトを丸ごと引っ越したらどうなる?

→昔は知らないでやっちゃった相互リンクを付けたサイトを丸ごと引っ越したらどうなるのか?新規・オールド・日本語・ブログで検証。

Q:被リンク無しでテンプレートを高額なものに代えたらどうなる?

→やっぱり高額なテンプレートや難易度が上がるワードプレスなどで作り変えたら本当に順位に変動がでるの?

Q:グズサイトでも世の中にまだないキーワードなら上位表示可能?

→屑サイト・カスサイトでも世の中にない言葉で作ったブログやHPならグーグルは価値のあるものだと思ってしまうのだろうか??

以上。全部検証したら無料レポートでも出そうと思います。そうしたらインチキ業者が消えてくれるんじゃあないでしょうか?

答えを確実に知っている人がいたらちょっとだけ教えてほしいです!!