読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで稼ぐネタ!集客やアフィリエイトの技術とテクニック

初心者でもブログを書くだけで月に100万円!?集客アイデアと思考法があれば、それは現実となるのです!ブロガーとして生計を立てたいなら、アフィリエイトが最適なんですよ

Twitterの最速集客ノウハウとアイデア!おまけにツールと特典付き!

ブログも面倒,HP作成も面倒、とにかくすべてがめんどくさいという人でも稼げる可能性がツイッター

 

フォロワーの数さえ増やせばたった一言のつぶやきが何千人にも届く便利ツールだけで月収100万円を稼いでいる人もいる。

私の場合実際にお会いしたこともないし実践したことがあるわけではない。

 

f:id:nihongo1000:20150210005240j:plain

 

集客レベルとしてならフォロワー2000~5000位のアカウントを複数作った程度であるし、別にそこから利益を得ようという試みはまだしていない。

でもネットの集客ででツイッターを使わない手はないというほどシンプルに人が集まるシステムなので紹介しよう。

 

それにしてもアフィリエイト記事を書くと目ざとく見つける人がいて、やっぱりこういう情報訴求力のある人は将来伸びるんだろうなーと思う。

というわけで、ツイッターにで儲けるコツとは?という題で書いてみる。

まず考えて欲しい。ツイッターが最も活躍したシーンとはなんだろうか?

 

私が思い当たるのはアラブのデモ。そして東北大震災。この二つはツイッターの力を存分に発揮し、国を変えるレベルの動きをもたらしたし、人命救助に大きく貢献したと思う。

さて、この二つに共通するテーマを見抜けばツイッターの役割、そしてそこで稼ぐコツが見えて来るだろう。そのキーワードとは?

「危機感」である。「恐怖と怒り」である。

f:id:nihongo1000:20150730235101j:plain


【 デモって人が集まるよ?その仕組みは??】


目の前に迫りくる危機感,得体のしれない怒り,恐怖,というのはすごい勢いで伝播する。ツイッターの拡散作用において最もマッチングするのはこの二つ。

戦争や災害中においては一秒の情報の差が命取りである。そのわずか一秒に起きる人間の感情キーワードを探すという事がツイッターを使いこなすコツ。

レベルの高い人はすでにこれでアイデアがひらめきそうだ。

 

人が怒り,おそれ,危機を感じる対象を見つけつぶやくことができればこれは大きなビジネスにつながる。

後はもう一つ。どうしても素早く情報を取りたい!一秒でも早く相手とつながりたい!そんな経験があなたの周りにないだろうか?

 

Twitterの集客に使える最強のツール

 

 

最強集客ツールを紹介。本当に二週間で2000人近くを集めてしまった!別のアカウントは2000人集めるのに1年ぐらいかかったのに!学生恐るべし。このツールのすごいところは、他人が作ったソフトであるのであるが「独自化機能」という手段を用いて、「私が作ったツール」(アプリケーション)としてツイッターに認識させるために、アカウントの凍結などペナルティーを食らわないということ。

こいつは結構頭がいい!

 

ブログやツイッターでやっていると、ムカつく宣伝業者のフォローを逆手に取る戦法。まずは2000人までは「業者フォロワー」を集め、自分のアカウントの体力を着けていくのだ。

そして自分のアカウントに人数がある程度あつまり、強くなったら、今度は「つぶやきキーワード」や「プロフィールキーワード」で欲しい人に欲しいものを届けることが可能。

例えば「あー足が冷える」とつぶやいた人に即座に「足の温まるグッズ」を紹介する頃ができるし、「温泉入りたい!」とつぶやいた人に「近場の温泉を案内させてあげることが可能」

うーんスゲー。まあ自分でやってもいいのだが、ツイッターってフォローする作業めんどくさいし、何のために毎日つぶやいているのか意味が分からなくてやめてしまったのだが、つぶやき作業も「bot」を使い解決とは・・。

詳しい話は作成者に任せるとして、もしあなたが毎日ブログを更新している人であれば使ってみる価値は大いにある。『馬鹿と鋏は使いよう』とだけ言っておこう。

放置ブログに絡めるのはおすすめしないが、ネットショップオーナーさん、ドロッピシングのオーナさんなんかも使えるはず。

製作者の音声対談もゲット!おまけに着けておいたよ?

ちなみに登録すと、後から購入者通信が来ます!無料オファーを紹介するのはどうかな・・・。と思うけど、それでもこれは紹介できるレベルだと思った。

ツイッターで人を集めるならコレ

 

今回は気付いた方だけに、集客も含めた個別指導を付けようと思う。

 

即断即決できない奴は死ぬまで時間の浪費とお友達になっていればよいと心底思っている。