読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで稼ぐネタ!集客やアフィリエイトの技術とテクニック

初心者でもブログを書くだけで月に100万円!?集客アイデアと思考法があれば、それは現実となるのです!ブロガーとして生計を立てたいなら、アフィリエイトが最適なんですよ

稼げるブログやネットショップは導線を意識しているのだ!

明日も一人ネットビジネスを個別指導で教えることになりました。既に普通の仕事でメチャ稼いでいるのに、更に別世界を見たいので、教えてくれという不思議な人。

おそらく、稼ぐ以上にネットビジネスというのは自己満足度が高いのだと思います。そこに魅かれたのでしょうか?

というわけで、明日は稼ぐブログについて、話すわけですが、彼は超一流のセールスマンなので、ブログで稼ぐ構造的な話について紙とペンでお話しするつもりです。




そこで私が大体第一回目の個別対面コンサルでやるのが、自分の持ちネタをいかにアクセスに変え、セールスを仕掛けて利益まで結びつけるかのラインを引くわけですが、これを業界では「導線」と言います。

f:id:nihongo1000:20150710012755j:plain




いろんな言い方で呼ばれますが、要はブログの中をお客さんがどう動き回るか?という道を「導線」と呼ぶわけで、どの道から来ても、なるべく渋滞、混乱しないようにゴールに進めるための工夫を「導線を作る」と表現するのです。



で、究極のブログの導線とは何か?もちろん直線で一本道。



この商品をあなたは買う必要があります
   ↓
   ↓
   ↓
  商品へ

という単純な図式ができあがるのですが、客を迷わず商品へと導くのが非常に難しい。なぜならお客さんは自分が欲しいものに大抵気づいていないからです

だから、冬のバーゲンセールで黒のあのコートを買おう!と思っていても迷ってしまう。「自分は値段に魅かれているはずだ!」と思って売り場に言ったら、もうちょっとだけ高くて品がよさそうなコートを発見して目移りしちゃったりして(笑)


というわけで、この客に気付きを与えるのが「動線」というわけです。

 

商品購入までの導線とはどうあるべきか?

 


確率論的にすでに実証されていることですが、デパート内では滞在時間が長いほど、そして客が動き回れば周るほど、売り上げがあがるという法則があります。


だから、一直線に目当ての商品にたどり着かせるという単純な工夫ではなく、最上階に子供の遊び場を作ったり、特別展示場を設置したり、エスカレーターの周りをわざわざ巡回させるように売り場を設置したりしているわけです。


みなさんもなんでわざわざエスカレーターを一度降りて反対側まで歩かなければならないのか?不思議に思ったことはありませんか?


稼げるブログというのは大抵、このような動線と導線が上手く配置されており、グルグルサイト内を動き回って、お客さんが目的の品を見つけていくという流れが出来上がっています。

で、自分のブログを振り返ってみると・・・?

当ブログの目的は「日本語教師の副業」というキーワードで一位を取ることでしたが、6日目ですでに成し遂げてしまったので、後は「惰性」になってしまった面があり、反省。

巡回とかはあまり気にせず、趣味と実験的なブログになってきてしまいました。

本質的な意義はないのかもしれません。

記事を足しても日本語教師以外の方が増えるんで・・・。いや、せっかく副業をやりたいという方はもちろん歓迎ですよ♪

HPはうまく導線と動線が出来ていると思います。生徒の受験が終わったら、もう少しいじります。

というわけで、今回はちょっとした行動心理学的なお話でした。


皆さんもブログで稼ごう!稼ぐためのブログを作ろう!と思うのならば、一度、お客さんの流れをイメージした方が良いと思いますよ!


というわけで明日の対面個別指導に気合で臨んできます。


PS

ちなみにコンサル料金は・・・?


はい、今回も無料です(笑)・・・コネは強いですね。